流れのままに

24歳の自分と今の自分。

いつも見ているから違いがわからないけれど、

こうやって並べてみると気づかされるものだ。

 

 

以前担当頂きました瀧下さんと再会。

 

多くのタレントさんを担当しているにも関わらず覚えていてくださったことに感服。

 

久々で緊張しているのを察してか細やかなお気遣いまで頂いた。感謝。

 

 

写真は"その人となりが出る"という。

 

どんなに豪華な衣装を纏おうが、こと舞台に立つとその人自身がそのまま出てしまうのと同じで、幼く映ったり、薄っぺらく映ったり。

 

今の自分はどうなんだろうか。

 

 

 

昔の勘って思いだすものだなと実感出来たことには収穫だった。

 

3.22

 

スポンサーサイト