新たな相棒

 

・・・本物のメイドインジャパンの素晴らしさを追求して・・・
       世界最高水準を誇る福井県の眼鏡職人の技術を駆使して具現化

     ファッション的要素に掛け心地や光学的要素といった機能性を装備した、
    比類ない魅力を放つフレーム・・・Ptolemy48(トレミーフォーティエイト)

 流行や時代を超越し、比類ない歴史を紡いできた「Ptolemy48」。
世界各国への旅や貴重な出会いからインスピレーションを得て、独自のスタイルを築き上げてきました。
「Ptolemy48」は、1998年にデザイナー堀一彦と、4人の眼鏡職人の出会いから生まれました。
当時のメガネ業界は、中国からの廉価なフレームが数多く市場に出回り、日本の各メーカーも価格戦争に巻き込まれてしまいました。
本来の眼鏡職人の匠の技を取り入れたフレームは、日々マーケットから姿を失い、製造原価を下げていかに廉価で販売を行うのが業界の流れになっていました。
デザインも製造原価の兼ね合いから、本来のこだわりのフレームは姿を消し、価格競争に敗れた企業は倒産と廃業に追われました。
 Ptolemy48はデザインに一切の妥協をせず、最高品質の材料を選定し、脈々と受け継がれた眼鏡職人技と最先端技術を融合した魅力ある作品を作り出しています。
職人達の忘れ去られた日本人の物作りへの「プライド」復活を合言葉に、4人の職人達の匠技を集約して誕生したフレームが「Ptolemy48」です。

 

スポンサーサイト